macOS 10.15 CatalinaでAdobe CS6を起動してみる

Apple, Catalina, 実験

Catalinaがようやく正式リリースされましたね。

相変わらずbeta中にThunderbolt2のMacBook Pro RetinaではSidecarは使えない状態でしたが、パッチが出てるらしいので今度試してみたいところ。

さてさて、32bitアプリ廃止により起動できなくなったAdobe CS6ですが、「Unix実行ファイルから起動したら動いた」という書き込みを見かけたので、試してみました。

結果から書くと、起動はできました。ただ、ターミナルを眺めていると色々無理をさせているのでところどころエラーが起こってますね。

手持ちのPhotoshop CS6, Illustrator CS6は起動できたので、手順だけさっくりと。

※一応おやくそくですが、Adobeは既にサポート終了してるソフトの話ですし、以下実行する場合は自己責任でおこなってください

Photoshop CS6だけの場合は3.から開始で大丈夫だと思います(未検証)。

  1. Mojaveまでと同様、リカバリモードからcsrutil disableでSIPを無効
  2. Java SE 6をインストール
    • [こちら(Apple)]からJava for OSXをダウンロードします
    • [こちら(Mac Rumor)]のスレッドの#6に提示されているApple Scriptをスクリプトエディタに貼り付け実行し、Catalinaへインストール可能なpkgを作成します
    • ↑で作成したpkgを実行してインストールします
  3. Adobe Photoshop CS6.app, Adobe Illustrator CS6.appをパッケージの内容を開くから開き、以下を削除なりリネームなり移動
    • Contents/Framework/updaternotifications.framework(Ps)
    • Contents/Framework/UpdaterNotifications.framework(Ai)
  4. ターミナルを開き、起動したいアプリに応じて以下をドロップ
    • Contents/MacOS/Adobe Photoshop CS6(Ps)
    • Contents/MacOS/Adobe Illustrator(Ai)
  5. Enterで起動

Wacomのペンタブでの筆圧入力等は確認していませんが、ひとまずファイルオープン、ファイル保存は問題なくできている感じ(最新のCCと同じく、拡張子が表示されない問題はあり)。

起動時に最後に半角スペースと&を入力しておくといい感じ。これだけを実行するappを作ってDockに登録しておけばDnD以外は普通に使える感じになるかも。

今となってはPhotoshopで必要なものはフィルタ位ですし、Illustratorに至ってはマウス操作で十分なので、エラーで頻発するようならVMWare FusionにMarvericks辺り入れて対応すればいいかー位の気持ちで今回のアップグレードは臨みました。ので、こういったトラブルを楽しめない向きにはオススメしません。

ただ、「とりあえず動けばいいや」という方は試してみてもいいかも。もう無理かと諦めてたので、よくぞ動いてくれたという感じですね。よかった。

10/13 追記:

10/14 追記:

ディレクトリを個別に作成する方法では、Illustrator CS6はファイルを閉じる際にJava SE6 ランタイムが必要のエラーと共に落ちてしまうため、Java for OSXのインストールを行うよう修正しました[参考(BONEV PHOTOGRAPHY)]

少しずつ改善できていっているので、情報を組み合わせていけばもう少し穏やかなCS6の使用ができるようになるかもしれませんね。

コメント